MENU

朝は血液ドロドロになる危険性があるのはどうして?

の6時~8時は、血液ドロドロが原因で起きる脳梗塞や心筋梗塞が多い時間帯です。

 

脳梗塞や心筋梗塞といった病気は、日本人の死亡原因でガンの次に多い病気になります。

 

どうして朝は、血液ドロドロになりやすいのかを説明していきます。

朝の6~8時は血管が詰まりやすい時間帯

命にかかわる病気の脳梗塞や心筋梗塞は、脳や心臓の血管に血栓が詰まって起こる病気で、血栓症とも言います。

 

実はこれらのように血液ドロドロが原因で発症する病気は、朝の6時から8時に多く起きています。

 

何故、脳梗塞や心筋梗塞が発症するのは、朝が多いのでしょうか?

 

ドロドロ血

何故、朝は血液ドロドロなのか?

その原因の1つは、体内の水が寝ている間に減ってしまうからです。

 

人間は、眠っている間にもコップ1~2杯程の水分を体外に出しています。

 

無自覚のまま皮膚からわずかに出ている汗と、呼気の中に含まれて気道から出る水蒸気です。

 

代謝の結果としてできる熱を冷ますために、身体の表面から絶えず水が出ているのです。

 

日中であれば、水を飲むことで水分補給できますが、寝ている間は水分補給ができないため、血液中の水分も無くなり濃縮されてしまいます。

 

朝起きたときは、1日の中で最も血液がドロドロの状態になってしまっているのです。

 

脳梗塞や心筋梗塞が、起床して数時間以内に発生する確率が高いのはそのためです。

 

睡眠 女性2

睡眠時無呼吸症候群

2つ目の原因として、「眠っているあいだの酸素不足」ということが上げられます。

 

寝ている間の酸素不足は、『睡眠時無呼吸症候群』という病気によって引きおこされる症状です。

 

この病気はその名の通り、「眠っている最中に呼吸が止まってしまう」というもので、重度の睡眠時無呼吸症候群にかかっている人は、一晩に100回以上の無呼吸が発生することがあります。

 

では、なぜ酸素不足になると血液がドロドロになってしまうのでしょうか?

 

睡眠時無呼吸のせいで息ができない状態が続くと、血液中の酸素濃度が下がります。

 

すると、その酸素不足を解消するために、酸素を体中に運搬する役割を持った赤血球が増えます。

 

しかし、この赤血球は粘性が高いので、増えすぎると血液がドロドロになってしまうのです。

 

起床時は血圧が一気に上昇するので血管への負担がとても大きく、血液がドロドロしていると、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすキッカケになってしまうのです。

 

水とペットボトル

睡眠の前後に水分補給

睡眠中の水分不足を解消するためにも、朝起きたらコップ1杯の水をゆっくりと飲むようにしましょう。

 

また、寝る前にも飲む方が効果的ですが、就寝前に多量の水分を摂るとむくみの原因になるので100ml程度が良いでしょう。

 

たったコップ1杯の水が血栓症を予防するのに十分な効果を発揮します。

 

特に高齢者の方が「トイレが近くて安眠を妨げられるから、就寝前は水分をとらないようにしている」と言われるのを耳にしますが、それは危険です。

 

もし、夜トイレに行く回数がとても多いなら、男性は前立腺肥大、女性は膀胱周辺の筋力の低下が原因ということもあります。

まずは泌尿器科系の心配をするべきであり、水分を控えてはならないのです。

 

むしろ、怖いのは血液が濃縮されることによって発症する病気です。

 

血液が流れないことによって赤血球がくっついてしまい、血液がまっすぐ流れるべきところで渦を巻き、更に流れにくくなったりします。

 

その状態が長く続くと、血管を塞ぎ、血栓症を引き起こす原因となります。

 

脳梗塞や心筋梗塞の発生リスクを少なくするためにも、血液濃度を高めないことはとても大切です。

 

水を飲んで血液をサラサラに保ち、脳梗塞や心筋梗塞にならないように心がけましょう。

 

血液サラサラになる食べ物

効率良く血液サラサラ食材を摂るには

水分が行き渡って活動している日中でも、食生活や生活習慣の乱れから、血液ドロドロになってる人は、水分まで減る寝起きの朝の時間帯は特に危険と言えます。

 

普段から、血液サラサラ成分を含んだ食材を意識して摂る必要があります。

 

血液をサラサラにする食べ物(食材)は、黒酢・にんにく・たまねぎ・青魚・納豆・しじみなど色々ありますが、料理にして毎日食べるのには、ニオイや味や調理の面倒臭さで続けることが難しいという方も多いと思います。

 

血液サラサラにする食材を何種類かあわせて、より効果が高くなるように作られたサプリメントですと、味やニオイを気にすること無く毎日手軽に摂ることが出来ます。

 

私が試した中でも、黒酢・にんにく・青魚(DHA・EPA)の3つを配合している血液サラサラにするサプリの『三黒の美酢(さんごくのみず)』は、血液サラサラ効果は一番で、同時にダイエットも出来たというウレシイ結果も付いてきました。

arrow_red 私が、試して効果のあった血液サラサラのサプリの詳細は、こちら

タイプ別の血液サラサラのサプリメント

三黒の美酢 タイプ1

疲労回復もダイエットも出来るサプリ

きなり タイプ2

魚ぎらいでも青魚がとれるサプリ

酵素黒酢革命 タイプ3

酵素パワーで毎日キレイ生活

しじみにんにく タイプ4

肝臓を助け肝機能をアップするサプリ

 

 

 

 

三黒の美酢 バナー

 

きなり バナー

ヘルケア バナー

同じカテゴリー「サラサラ・ドロドロ血液 Q&A」の一覧

中性脂肪の基準値・数値は、男性・女性の正常値はどこまで? 新基準

高くても低くてもなんとなく心配な中性脂肪値。中性脂肪の基準値はいくらで、どれぐらいの数値なら安心なのでしょうか? 正常値の範囲についてご紹介します。 中性脂肪とは? 何かと悪く言われることの多い『中性 […]

記事の続きを読む

DHA、EPAサプリは、アトピー性皮膚炎にも効果があるんですか?

DHAといえば、「血液がサラサラ」とか「頭が良くなる」として、EPAは「中性脂肪を下げ、生活習慣病を予防」として知られています。 それらとアトピー性皮膚炎は全く関係ないような・・・と思われるかもしれま […]

記事の続きを読む

血液サラサラには水が良いってホント?

水って飲めば良いっていうものではありません。水分には、効果的な摂り方というものがあるのです! あなたは毎日こんなことをしていませんか? ・血液サラサラのため、1日2リットルを目標にミネラルウォーターを […]

記事の続きを読む

血液サラサラかドロドロかどうしたらわかりますか?

血液が、『さらさら』なのか『どろどろ』なのかを検査するには、どうすればよいのでしょうか? また、血液サラサラ度を計るには、どこの場所・病院(医療機関)で料金は、いくらかかるのでしょう? 検査方法は? […]

記事の続きを読む

血圧の上下の差(脈圧)が小さいと危険とは、どういうこと?

血圧の高い方と低い方の差が小さいと、50歳未満では死亡率が高くなるという調査結果があるようです。血圧の上下の差(脈圧)が大きいことが危険だと思っていたのに、小さいのも危険なんでしょうか? 一体どういう […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

さらさらパンダのプロフィール

体の不調から、血液サラサラを目指し、あれこれサプリメントを試しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善

    ページトップ