MENU

秋はぜん息や花粉症になりやすい?

も深まって、そろそろコタツを出そうかなと考える季節となりました。気温が低くなって空気の乾燥が気になるこの時期は、1年で最も病気になりやすい季節です。

今回はその中から、ぜん息花粉症などの呼吸器系の病気についてご紹介します。

スギ花粉

●秋に呼吸器の病気が増えるのは何故?

秋は気道(気管や気管支などの空気の通り道)を刺激する原因がたくさんあります。

まず、秋特有の寒暖差と気圧の変化、そして空気の乾燥です。朝は冷たい空気を吸い、昼は暖かい空気、そして夜はまた冷たい空気と、肺を含めた呼吸器には呼吸によって大きな負担がかかります。また、空気が乾燥しているので、負担はますます増えてしまいます。

 

暑い夏を耐え抜いて来た肺は、秋には既に疲労しています。急激な気候の変化についていけず、その影響を強く受けてしまうのです。

 

更に、秋の日本は移動性高気圧に覆われることが多く、空気中のほこりや粉塵が地表面に集まりやすくなっています。また、夏に増殖したダニが死滅するのが秋です。大量のダニの死骸やフンは、乾燥して空気中を飛散することになり、呼吸によってアレルギーを引き起こしてしまいます。

咳がいつまでも続くと気道の粘膜が炎症を起こし、息を吸うのが難しくなってしまうことがあります。いわゆる喘息と同じ状態ですが、秋はその一歩手前の『咳ぜん息』を発症する人が多くいます。

 

●呼吸器系の病気(ぜん息・花粉症)

気管支ぜん息

気道が、炎症することによって狭くなる病気です。ぜん息の気道は、慢性的に炎症を起こして過敏になっているため、冷たい空気やほこりなどの刺激に反応が起こりやすくなっています。ちょっとした刺激でも気道が狭くなり、呼吸困難やゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴などの症状が現れます。

 

咳ぜん息

咳ぜん息は、気管支ぜん息になる一歩手前の状態と考えられている病気です。その特徴は、気管支ぜん息でみられるような呼吸困難やゼイゼイ、ヒューヒューと鳴る喘鳴(ゼンメイ)がなく、8週間以上空咳の症状だけが続くというものです。咳ぜん息を放っておくと、後に約3割が気管支ぜん息に移行すると言われています。早期に治療することが大切です。

 

花粉症

秋は、春に次いで花粉症の症状がでやすい季節です。ブタクサ、ヨモギ、キリン草、カナムグラに加え、猛暑のために植物の生育が早まった年は、秋にスギ花粉が飛ぶこともあります。

 

ただし、秋に飛ぶ花粉は春と違って飛散量が少なく、飛散範囲も広くありません。したがって、花粉の飛ぶ時期にその植物の生えている場所に近づかないようにすれば、発症を防ぐことも可能です。

 

●予防法

アレルゲンの少ない環境

花粉やハウスダストなどのアレルゲンは、病院で調べれば自分が何に対してアレルギーがあるのかを知ることができます。アレルゲンを、身の回りから極力減らすことを心掛けましょう。

 

こまめな掃除や洗濯の外にも、週に数回寝具をしっかりと日光に当てて干したり、空気清浄器を使うなどして、清潔な生活環境を保つことが大切です。

 

風邪の予防

風邪やインフルエンザにかかると、気道が炎症を起こします。その結果、わずかな刺激にも反応して気道が収縮し、咳が出やすくなります。外出時にはマスクを装着し、帰宅後はうがいと手洗いを徹底しましょう。また、加湿器などで保湿をしたり、体が冷えないように温めるなどして、免疫力を高めておくことも重要です。

 

寒暖差に注意

急激な気温の変化は呼吸器の負担を招きます。外出の際は、上着を一枚持つなどして、服装による体温調節を心掛けましょう。

 

ストレスに注意

精神的なストレスも気道を過敏にさせる要因です。睡眠を十分にとり、適度な運動やバランスの良い食事で抵抗力をつけることも予防につながります。

 

しかし、こうした対策を行っていても、花粉やハウスダスト、ウイルスなど呼吸器への刺激を完全に防ぐことは難しいでしょう。こうした対策をとると同時に、疲労した体を癒し、免疫力を高めておくことが、秋を元気に乗り切るための秘訣です。

 

免疫力を強化し、疲労回復、冷え性の改善にも効果を持つ『黒にんにく』や『黒酢』を食材として摂り入れることは、呼吸器系の病気にかかりにくい体を作ることに有効です。

 

黒にんにくや黒酢を毎日食材として使って摂るには、手間も費用も大変です。そこで簡単に手軽に毎日摂るには、『黒にんにく』、『黒酢』、『黒卵黄油』と、さらに、血液サラサラ成分の『DHA・EPA』までも配合した最強のサプリメント『三黒の美酢』を飲むことで済んでしまいます。

arrow_red 私が実際に試した黒にんにくを含む強力なサプリの詳細は、こちら

 

タイプ別の血液サラサラのサプリメント

 

 

三黒の美酢 タイプ1

疲労回復もダイエットも出来るサプリ

 

 

きなり タイプ2

魚ぎらいでも青魚がとれるサプリ

 

 

ナットウキナーゼ タイプ3

固まりを溶かす力&サラサラ成分サプリ

 

 

しじみにんにく タイプ4

肝臓を助け肝機能をアップするサプリ

 

 

三黒の美酢 バナー

 

きなり バナー

ヘルケア バナー

同じカテゴリー「血液サラサラになる(黒酢編)」の一覧

三黒の美酢は、ダイエット効果があるのか実際に検証しました。

三黒の美酢は脂肪燃焼系のサプリメントになります。つまり、三黒の美酢を飲んで、運動をするとより効率的に脂肪を燃焼してやせることが期待できる(ダイエット効果)ということです。 三黒の美酢に入っている、3つ […]

記事の続きを読む

黒酢の血液サラサラ効果

黒酢の血液さらさら効果を調べました。黒酢には色々な薬効がありますが、血液サラサラにする成分を中心にまとめてみました。 黒酢の血液サラサラ効果とは? 黒酢には血液をサラサラにする効能がいくつかあります。 […]

記事の続きを読む

黒酢はいつ飲むの?飲み方は?

今や健康食品の代名詞とも言われている黒酢。愛飲していらっしゃる方も多いんじゃないでしょうか。でも、どんな効能があるの? どんな使い方があるの? そもそも黒酢って何? 今回は、意外に知られていない黒酢の […]

記事の続きを読む

黒酢とリンゴ酢の効果はどう違うの?

お酢にも色々な種類があって、それぞれ原料や製造方法も違えば、味や香りも様々です。市販される一般の醸造酢は、大きく分けると果実酢と穀物酢に分類されます。   今回は、果実酢の中でも最もポピュラ […]

記事の続きを読む

夏バテや疲労回復には、炭水化物と黒酢が一番なんです!

ごはんやパン、麺類といった炭水化物は普通に食べているんだけど、夏バテ気味で元気がない。疲労がたまっていくようだと感じたりしていませんか?食事だけでは、エネルギーにならないんです。下手をするとエネルギー […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

さらさらパンダのプロフィール

体の不調から、血液サラサラを目指し、あれこれサプリメントを試しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善

    ページトップ