MENU

痛風(高尿酸値)がつらい!予防・治療のサプリはどれ?

「風が吹いても痛い」と言われる痛風。以前は、40代~50代男性に多い一種の贅沢病とされていましたが、
最近では、働き盛りの男性や20代の女性にも増えているそうです。
痛風は、一度発症したら一生付き合っていかなければならない病気です。他人事と思わず、痛風にならないための予防対策が大切です。

痛風 女性

痛風ってどんな病気?

痛風は『高尿酸血症』という病気が原因で起きます。
健康な人の体内では、1日に約600~700mgの尿酸が作られますが、腎臓からほぼ同じ量が排泄されることで、体内の尿酸は一定の量に保たれています。

 

しかし、尿酸が作られ過ぎたり、排泄がうまくできなくなったりすると、体内に尿酸が増え過ぎ、血液の中に溶けきれなくなってしまいます。余った尿酸は、徐々に結晶化して関節の膜の部分に沈着していき、急性関節炎を発症します。これがいわゆる『痛風』で、足の親指の関節やくるぶしなどに起きることが多く、赤く腫れて激しく痛むのが特徴です。

 

痛風は、初期の段階ならば2~3日で痛みが軽くなります。特に治療を受けなくても1~2週間で症状がおさまることもあり、何もせずに放置しておく人も多いようです。しかし、放置すると悪化して、死に至るような合併症を引き起こしてしまう可能性もあります。気になったら、早めに病院に行きましょう。

 

痛風を引き起こす生活習慣とは?

痛風を引き起こす原因は、7~8割が遺伝的な体質によると言われていますが、残りの2~3割は食生活や生活習慣が影響していると考えられています。

 

肥満

肥満指数(BMI)25以上の人の約7割は、高尿酸血症にかかっているというデータがあります。
大食い、早食い、不規則な食事などの肥満を招く食生活は、尿酸値を上げる要因になります。また、レバーや魚卵、干物など、プリン体の多い食品の摂り過ぎも、尿酸値を上昇させます。

 

アルコール

アルコールは、代謝されると尿酸が合成されてしまう上に、尿酸の排泄量を低下させる働きがあるので、結果として尿酸値を上げる原因になってしまいます。

 

ストレス

ストレスが長く続くと、自律神経や免疫機能、ホルモンバランスが乱れてしまいます。その結果、尿酸は腎臓から排泄されにくくなり、尿酸値が上昇すると考えられています。また、ストレスによる暴飲暴食、生活の乱れも尿酸値を上昇させる要因になります。

 

激しい運動

激しい運動をすると、エネルギーの消耗で尿酸が増えるほか、腎臓への血流量が減るために排泄機能が低下するので、尿酸値の上昇に繋がります。

 

尿酸値を上げる薬や健康食品

腎臓病や高血圧の薬の服用によって、尿酸値が上がる事があります。また、アンチエイジングで話題のDNA・RHAなどの『核酸』を大量に含んだ健康食品には、尿酸値を上げる働きがあります。

 

痛風と併発しやすい病気

高尿酸血症によって起きる病気は、痛風だけではありません。脳血管障害、虚血性心疾患、痛風腎、尿路結石、動脈硬化症、脂質異常症など、様々な合併症を引き起こすこともあります。

 

痛風腎

腎臓は、尿酸を濾過する働きがあるため、尿酸結晶がたくさんあると腎臓組織にも結晶が沈着してしまい、腎機能の低下を招きます。このような状態を『痛風腎』と言いますが、尿酸のコントロールがうまくできないと腎機能は益々低下し、最悪の場合は腎不全となって透析治療が必要となります。

 

尿路結石

尿路結石とは、尿の通り道に結石ができてしまう状態を言います。結石がある場所によって、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と言いますが、途中に引っかかったり詰まったりすると、七転八倒するような腹痛を起こします。

 

動脈硬化

最近の研究では、プリン体が分解される時にできる尿酸と活性酵素が、血管を老化させるということがわかってきました。そのため、尿酸値が高い状態を放っておくと、コレステロールや中性脂肪などの数値が悪くなくても、動脈硬化が進行し、心筋梗塞になる恐れがあります。

 

尿酸値を下げる食べ物(食事)

尿酸値を下げるためには、アルカリ性の食品を摂ると効果的です。アルカリ性の食品は、尿酸のもととなるプリン体が少ないだけでなく、尿をアルカリ性にする効果があります。尿酸は酸性なのでアルカリ性に溶けやすく、排出されやすくなることで尿酸値を下げてくれます。

 

代表的なアルカリ性の食品には、ほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜、ワカメなどの海藻類、じゃが芋やさつま芋などの芋類があります。普段の食事から意識して摂るようにしましょう。

 

痛風を予防・治療するサプリ

尿酸値を下げるためのアルカリ性の食品はもちろんですが、それだけでは効果は弱いので痛風(高尿酸値)を改善するサプリメントも一緒に併用することが効果的です。

 

◆ 黒酢にんにく ◆

尿酸を体外に排出しやすくするものとして、『黒酢にんにく』があります。
黒酢には『クエン酸』が豊富に含まれていて、尿をアルカリ性に保つ働きがあります。尿がアルカリ性になると尿酸は排出されやすくなり、尿酸値を下げるのに効果的です。

 

そして、にんにくを加熱すると『アホエン』という成分が生まれます。このアホエンには、コレステロールの正常化、血液サラサラ効果、ガン予防、免疫力アップなどの効果があります。血液がサラサラになると、血液中に含まれる尿酸もスムーズに流れて体外に排出されやすくなり、尿酸値の低下に繋がります。

 

しかし、普通のにんにくは加熱しないとアホエンは生まれません。黒にんにくは既に加熱している状態ですから、はじめから普通のにんにくの数倍の『アホエン』が含まれています。

 

様々な効果効能で知られる黒酢にんにくですが、痛風予防の効果はあまり知られていないかもしれません。私が愛用しているのは『三黒の美酢』(さんごくのみず)というサプリです。このサプリは、尿酸値を下げる効果がある『黒にんにく』や『黒酢』を配合した最強のサプリメントと言えます。

arrow_red 食事と一緒に摂ることで、さらに効果的に血液サラサラになるサプリは、こちら

 

 

三黒の美酢 バナー

 

きなり バナー

ヘルケア バナー

同じカテゴリー「血液ドロドロには、気をつけて!」の一覧

舌の裏側の血管で血液ドロドロがわかります!瘀血(おけつ)のチェック

舌の裏の血管が黒いなんてことはありませんか? 舌裏(ベロの裏)の血管の状態で、血液ドロドロかどうかがわかります。   舌の裏側を自分で見るのは大変ですが、鏡を使って確認してみてください。中医 […]

記事の続きを読む

尿酸値が高いのに痛風の症状が出ないと、とっても危険!!

尿酸値が高いのに痛風の症状が出ていない場合は、痛くないからと安心していると怖いことになりますよ。尿酸値が高いままにしておくと、生命の危機です! 早急に対応しましょう。 痛風の症状 風に吹かれただけでも […]

記事の続きを読む

首の後ろの血管が痛いと感じたら、脳梗塞かも知れない!!

首の後ろがドクドクすることはありませんか? 首の後ろ側の血管が痛いと感じるようであれば、注意が必要です。   決して肩こりだとか勝手に判断しないで、すぐに病院に行って診察(脳神経外科・脳卒中 […]

記事の続きを読む

善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランス(比率)が重要です!

血液検査において善玉コレステロールも悪玉コレステロールも基準値内で正常なのに、実は動脈硬化のリスクが高い状態まで進んだりしてることもあるようです。そんなことがないように、善玉コレステロールと悪玉コレス […]

記事の続きを読む

健康診断のldlコレステロール(悪玉)が高いけど大丈夫?

健康診断の結果で悪玉コレステロール(ldlコレステロール)が高いと言われたことはありませんか? 悪玉コレステロールが高いままでほっておくと、動脈硬化の原因になります。 そして、動脈硬化は、血管が固くも […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

さらさらパンダのプロフィール

体の不調から、血液サラサラを目指し、あれこれサプリメントを試しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善

    ページトップ