MENU

40代からの中性脂肪は大丈夫?手軽な対策とは!

これといった自覚症状がないため『サイレントキラー』とも呼ばれる中性脂肪ですが、40代以降のみなさんの現況はかなり深刻です。厚生労働省の調べでは、40代の日本人男性のおよそ2人に1人、60代の女性のおよそ3人に1人は、中性脂肪の基準値を上回っていると言うのです。

ダイエット 女性

年齢とともに増加する中性脂肪

中性脂肪というと、不健康の象徴のようなイメージしか持たれていない方も多いと思いますが、実は人間が生きていくためには必要不可欠な存在です。食物から摂取された脂質は、小腸から吸収されて血液中に入り、体内の生命維持活動に利用されますが、使い切れなかったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。

 

また、中性脂肪は肝臓でも合成されており、炭水化物を多く摂ったり、飲酒によっても増加します。
この中性脂肪の基準値は30~149mg/dlで、この数値を外れると『脂質異常症』ということになります。現代の日本でも予備軍は非常に多く、特に男性は40代以上、女性は50代以上になると、発症する人の数が一気に増えると言われています。

 

何故中高年の中性脂肪は多いのか

中性脂肪は、飢餓状態になった時に供給されるエネルギーとして使われることの外にも、皮下脂肪となって内臓を保護したり、体温を一定に保つ働きがあります。また、女性ホルモンは、卵巣だけではなく一部は脂肪からも作られます。

 

この様に、中性脂肪は生命の維持に欠かせないものですが、消費されるエネルギーが少ないと体内で余ってしまい、内臓脂肪や皮下脂肪となって蓄えられます。特に中高年になると、基礎代謝の低下や運動不足、ストレスなどの原因によって、中性脂肪の数値は高くなる傾向にあります。

また、女性は閉経後の女性ホルモンの生成が少なくなるため、原料である内臓脂肪は増えてしまうことになります。

 

中高年は太りやすい?

中高年の方の中性脂肪が多いもう一つの理由として、食生活があります。
一般的に、40代になると基礎代謝が低下し、太りやすく痩せにくい体質になると言われています。また、中高年は仕事の都合や家庭の事情によって生活に変化が起こりやすく、環境の変化に伴うストレスや生活習慣が肥満の原因になることも多いようです。

 

中性脂肪が多い原因は、取り込むエネルギーと放出するエネルギーのバランスが悪くなることにあります。基礎代謝が活発な若い頃には、たくさん食べてもエネルギー消費も多いので、太ることはありませんでした。

 

しかし、中高年になっても若い頃と同じような食事の量と質を摂っていては、エネルギーは蓄えられるばかりになり、どうしても脂肪が増えて太ってしまいます。

 

太っている人の中には、血液検査をしてみても中性脂肪の数値は正常という人もいますが、この場合でも中性脂肪を減らす対策は必要です。なぜなら、体内に蓄積されている内臓脂肪や皮下脂肪の90%は、中性脂肪によるものだからです。肥満を解消するためには、体内の中性脂肪を減少させるより他はないのです。

 

中高年が中性脂肪を減らすためには?

年齢と共に増加する傾向にある中性脂肪は、年々改善が難しくなります。運動量や基礎代謝機能が低下することによって、血中脂質を燃焼することが難しくなるためです。こうした体質の変化も考慮した上で効果が期待できる方法としては、食生活の見直しが挙げられます。

 

中性脂肪の生成に繋がる糖や炭水化物に偏った食事を避け、同時に、肉食中心の生活からDHA・EPAといった有効成分を含むサバ・イワシ・アジなどの青魚、海藻、野菜を中心とした食生活に切り替えましょう。

 

また、腸の働きを改善して、体内に老廃物を溜め込まないようにすることも大切です。老廃物がいつまでも腸内に停滞してしまうと、基礎代謝が低下するのです。腸内環境を整えることで便秘が解消されれば、新陳代謝も高まります。

 

更に、血管の中にある脂肪を速やかに燃焼させるには、ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動が有効になります。血液中の脂肪を使い終われば、エネルギーとして内臓脂肪が消費されるようになります。

 

その他、アルコール摂取、喫煙をできるだけなくし、ストレスを溜めこまない生活をするなど、基本的な生活習慣を見直すだけでも効果が期待できます。

arrow_red 薬に頼らない!血液の中性脂肪を下げるサプリは、こちら

 

中高年からの落とし穴

中高年にありがちなのは、健康に良いと言われる食べ物を必要以上に摂り過ぎてしまうことです。いくら身体に良いとされる乳製品や果物、野菜ジュースなどでも、糖質やカロリーはゼロではありません。食べた分だけ身体に蓄積されることを忘れずに、適量を摂ることを心掛けましょう。

 

また、お医者様や栄養士さんが教えてくれる改善方法を、自己流の解釈でアレンジしてしまうのも中高年に
多い失敗例です。せっかくその道のプロが教えてくれているのですから、素直に実践しましょう。

 

サプリメントの併用

しかし、食事量も衰えがちな中高年ともなると、食事面での対策も簡単ではありません。その点、サプリメントなら、食欲に関係なく手軽な摂取が続けられるため、重宝します。

 

40代以降の方が中性脂肪を減らす時には、自分が太りやすく痩せにくい体質になっている事を自覚し、焦らずに無理のない方法で取り組むことが何よりも重要です。続けていくことが大切ですので、毎日手軽に摂れる方法で続けていきましょう。

arrow_red 血液の中性脂肪を下げる血液サラサラのサプリは、こちら

 

 

三黒の美酢 バナー

 

きなり バナー

ヘルケア バナー

同じカテゴリー「血液ドロドロには、気をつけて!」の一覧

舌の裏側の血管で血液ドロドロがわかります!瘀血(おけつ)のチェック

舌の裏の血管が黒いなんてことはありませんか? 舌裏(ベロの裏)の血管の状態で、血液ドロドロかどうかがわかります。   舌の裏側を自分で見るのは大変ですが、鏡を使って確認してみてください。中医 […]

記事の続きを読む

尿酸値が高いのに痛風の症状が出ないと、とっても危険!!

尿酸値が高いのに痛風の症状が出ていない場合は、痛くないからと安心していると怖いことになりますよ。尿酸値が高いままにしておくと、生命の危機です! 早急に対応しましょう。 痛風の症状 風に吹かれただけでも […]

記事の続きを読む

首の後ろの血管が痛いと感じたら、脳梗塞かも知れない!!

首の後ろがドクドクすることはありませんか? 首の後ろ側の血管が痛いと感じるようであれば、注意が必要です。   決して肩こりだとか勝手に判断しないで、すぐに病院に行って診察(脳神経外科・脳卒中 […]

記事の続きを読む

善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランス(比率)が重要です!

血液検査において善玉コレステロールも悪玉コレステロールも基準値内で正常なのに、実は動脈硬化のリスクが高い状態まで進んだりしてることもあるようです。そんなことがないように、善玉コレステロールと悪玉コレス […]

記事の続きを読む

健康診断のldlコレステロール(悪玉)が高いけど大丈夫?

健康診断の結果で悪玉コレステロール(ldlコレステロール)が高いと言われたことはありませんか? 悪玉コレステロールが高いままでほっておくと、動脈硬化の原因になります。 そして、動脈硬化は、血管が固くも […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

さらさらパンダのプロフィール

体の不調から、血液サラサラを目指し、あれこれサプリメントを試しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善

    ページトップ