MENU

妊娠しやすい体を作るためには?

『妊活』という言葉を聞くと不妊治療を思い浮かべる人も多いと思いますが、体質を改善して『妊娠しやすい体』を作ることも妊活の基本です。では、『妊娠しやすい身体』とは、どんな身体なのでしょうか?

妊婦 お腹

妊娠に至らない原因

不妊を訴える20~30代前半の女性の場合、排卵が正常に行われない、卵管が通りにくいなど、検査をすれば妊娠に至らない原因が特定できるケースが多くあります。この場合、排卵が正常に行われなければ排卵誘発剤がありますし、卵管が通りにくければ通す手術を受けたり体外受精を行うなど、それぞれの原因に見合った治療法があります。

→ 不妊の原因は検査で分かる?は、こちら 

 

これに対して30代後半~40代の場合は、検査をしても異常が見つからないにもかかわらず、なかなか妊娠に至らないケースが多いとされています。このもっとも大きな原因として考えられているのが、卵子の質や卵巣機能の低下です。

→ 不妊の原因は、卵子が老化?は、こちら 

 

卵子の老化

 女性は生まれながらに卵巣内に約200万個の『卵子の元』を持っていて、その後、新たに作られることはありません。女性が年齢を重ねると、これらの『卵子の元』もそれと一緒に老化して、どんどん数を減らしていきます。『卵子の元』の数がゼロになった時点で閉経を迎えます。

 

卵巣内で『卵子の元』が老化すると、染色体に異常を持つ卵子が多くなると考えられています。染色体に異常があると、受精しても受精卵が育たない、育っても着床しない、着床しても流産する、胎児に先天性異常があるといったリスクが高くなります。

 

女性の体内で毎月排卵される卵子は、その時点で残っている『卵子の元』の中で「もっとも妊娠する力がある」と認められた最高スペックの1個です。年齢が高くなればなるほど、老化が進んだ『卵子の元』の中から選ばなければならず、卵子の質はどんどん下がってしまうのです。

 

残念ながら、どんな最先端の生殖医療をもってしても、現在の医学では卵子の数を増やすことはできませんし、若返らせることも不可能です。

したがって、妊娠しやすい身体を作るためには、今の時点で卵巣に残された『卵子の元』をいかに大切にするかが、重要なポイントになります。

 

卵巣機能の低下

卵巣には、『卵子の元』を保管して、これを育てて排卵するという役割の他にも、女性のあらゆる機能をつかさどる2つの女性ホルモン『エストロゲン』『プロゲステロン』を分泌する役割もあります。

 

この卵巣は、子宮など他の臓器に比べると、老化が早くから始まることがわかっています。月経が50才前後で終わってしまうのも、卵巣の寿命が短いことを示しています。しかし、現在の医学では卵子の老化を食い止められないのと同じように、卵巣の老化を防止することもできません。卵巣機能の低下は、質の良い卵子の形成や成熟にも大きな影響を与えてしまいます。

 

卵巣の老化は、普段の生活習慣や食生活によって、スピードを遅くすることはできます。したがって、妊娠しやすい身体を作るためには、卵巣は老化する器官であることを認識し、卵巣機能をいかに高めていくのかということが重要なカギを握っていると言えます。

 

卵巣年齢検査

最近注目を浴びているのが『卵巣年齢検査(AMH検査)』です。

卵子は、加齢や排卵のたびに数が減っていきますが、残された卵子の数には個人差があり、20代でも残った卵子の数が少なくて、閉経間近という人もいます。

 

『卵巣年齢検査』は、血中の抗ミュラー管ホルモン(AMH)という女性ホルモンの数値から算出され、卵子の在庫の目安を数値的に見て取ることができます。このAMHの値が低ければ、卵巣年齢は高い、つまり卵子の在庫が少なくなっているということで、自然排卵が起こりにくくなったり、不妊治療で行う排卵誘発もうまく反応しないケースが多くなると言われています。

 

ただし、この検査でAMHの値が示すものは、あくまで卵子の在庫の目安であって、卵子の質まで調べることはできません。いくら卵子の数が多くても、卵子の質が悪ければ妊娠率は低くなりますし、逆に、AMH値が悪くても、質の良い卵子であれば妊娠しやすいとも言えます。

つまりAMH検査は、妊娠できなくなるタイムリミットに目安をつけるための検査です。

検査は産婦人科などで受けることができ、保険適用外のため実費で約7,000~10,000円程かかります。

 

妊娠しやすい身体を作るためには

妊娠するためにもっとも必要な条件は、『元気な精子』と『質の良い卵子』が出会うことです。つまり、『妊娠しやすい身体を作る』ということは、少々の困難は克服してしまえるような『質の良い卵子を育てられる身体を作る』ということです。

 

『質の良い卵子』を育てることは、薬剤やホルモン投与、外科治療などの医療に頼らなくても、健康な女性なら誰にでも備わっているはずの力です。生活習慣や食事などを見直すことで、女性の身体に本来備わっているはずの『妊娠する力』を取り戻し、健康的な妊娠を目指しましょう!

arrow_red 妊活の基本は血流の改善から?は、こちら 

 

 

三黒の美酢 バナー

 

きなり バナー

ヘルケア バナー

同じカテゴリー「女性特有」の一覧

ピルの服用は、血栓症になりやすい。血液サラサラにして予防しよう!

ピルの中でも低用量ピルは、避妊のためだけではなく、生理周期を整えたり、とてもつらい生理痛(生理不順)の改善として使われることが多くなってきました。生理痛がひどいんですという人ってたくさんいるようです。 […]

記事の続きを読む

この症状は、もしかして冷え性かも知れない? まさかのまさかでした!

冷え性なのに自分が冷え性だと気づいていない方もかなりいるようです。冷え性って、手足が冷えるだけじゃないんですよ。冷え性によって様々な不調の症状が出ます。ちょっと症状と照らし合わせみてください。もしかし […]

記事の続きを読む

冷え性なのを気づかずにいましたが、こうして改善できました!

自分で冷え性だと思ってもみなかったのに調べてみると、トイレが近く夜中もトイレに起きたり、目の下にクマができる、肩こり、のぼせやすいなど全てが冷え性の症状だったんです。血行が悪くなっていたんですね。でも […]

記事の続きを読む

更年期の女性は血液ドロドロ?

更年期障害の症状として、ホットフラッシュやうつ病、倦怠感などがあることは、ご存知の方も多いと思います。しかし、血圧や血中脂質が大きく変動することをご存知の方は少ないのではないでしょうか。これらの症状は […]

記事の続きを読む

不妊の原因は、卵子の老化?

不妊を訴える人の中には、検査で異常なしと診断されたにもかかわらず、なかなか妊娠できない人もいます。 『機能性不妊』の原因は『卵子の老化』にあるかもしれません。 不妊症とは?  『不妊症』の医学的な定義 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

さらさらパンダのプロフィール

体の不調から、血液サラサラを目指し、あれこれサプリメントを試しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善

    ページトップ