MENU

目の下のクマは隠れた病気のサインかも?

睡眠は十分取っているのに中々目の下のクマが消えない時は、何かの病気のサインであるかもしれません。中には放置すると危険な病気もありますので、まずは自分のクマを確認してみましょう。

黒クマ

注意が必要なクマの症状

 

目の下のクマは、寝不足や疲労によって出ることもありますが、隠れている病気のサインである可能性もあります。次のような症状に心あたりがある方は、注意が必要です。

・睡眠は十分取っているのにクマが解消されない

・全体的に顔色が悪い

・疲労感や、心当たりのない体重減少がある

 

三クマ セット

目の下にクマが現れる病気とは

 

 目の下にできるクマが、症状の1つとして現れる病気は次の通りです。

 

鉄欠乏性貧血

『ヘモグロビン』を作るために不可欠な『鉄分』が不足することによって起こります。貧血になると血流が悪くなるので、赤黒い色の『還元ヘモグロビン』が滞り、目もとに青クマが現れます。

 

特に若い女性に多い病気で、体が疲れやすい、だるいなどの症状と共に青クマができた時は注意が必要です。改善するためには、『鉄分』の多い食事を心掛け、症状がひどい場合は医療機関を受診しましょう。

 

バセドウ病

バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。主な症状としては、眼球の突出があります。これは目の周りにある脂肪や筋肉が炎症を起こして、目の中の圧力が高まることで、眼球が前にせり出してしまうものです。眼球がせり出すと、それに伴って眼球の下にある眼窩脂肪もせり出し、たるみのような状態になります。このたるみが作る影が黒クマなのです。

 

バセドウ病の症状としては、甲状腺が腫れて大きくなる甲状腺腫、脈が速い、汗をかきやすい、手指が震える、倦怠感、体重減少などもあります。心当たりがある場合は医療機関を受診しましょう。

 

青クマ

肝機能・腎機能の低下

肝臓や腎臓には、体内の老廃物を取り除いたり、解毒して血液をキレイにする役割があります。したがって、これらの機能が低下すると、血液はドロドロになって血流が悪くなります。すると、目の下に青クマができやすくなってしまうのです。

 

むくみや頻尿、血尿などの症状と共にクマができたら注意しましょう。過労やストレス、アルコールや甘いものの摂り過ぎなどによって臓器が疲れている時も、同じような状態に陥りやすくなりますので、生活習慣や食事を見直すようにしましょう。

 

うつ病

うつ病になると、両目や口の周りが青白くなることがあります。これは自律神経が乱れることによって、目や口の周りの筋肉に血液がスムーズに流れなくなり、血行不良を起こしているためです。

 

やる気が起きない、気分が沈む、喜怒哀楽がないなどの症状と共にクマができたら注意しましょう。

 

茶クマ

アトピー性皮膚炎・花粉症皮膚炎

目もとだけでなく目の周り全体がくすんでいる場合は、アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎の疑いがあります。目の周りにハウスダストや花粉が付着して炎症を起こし、色素が沈着することによって茶クマになります。

 

放置すると深刻なシミになってしまうこともあるので、早めに医療機関を受診しましょう。

 

低血圧

低血圧の人は、心臓が血液を送り出す力が弱いため、血流が悪くなってクマができやすいと言われています。低血圧によるクマを抱えている人は意外と多く、全身の血行を良くすることがクマの解消に繋がります。

 

以上のように、目の下にクマが現れる原因は様々です。たかがクマと放置せず、不安がある方は早めに医療機関を受診するようにしましょう。

arrow_red 目の下のクマが気になる方は、こちら

 

 

 

 

三黒の美酢 バナー

 

きなり バナー

ヘルケア バナー

同じカテゴリー「血液ドロドロには、気をつけて!」の一覧

舌の裏側の血管で血液ドロドロがわかります!瘀血(おけつ)のチェック

舌の裏の血管が黒いなんてことはありませんか? 舌裏(ベロの裏)の血管の状態で、血液ドロドロかどうかがわかります。   舌の裏側を自分で見るのは大変ですが、鏡を使って確認してみてください。中医 […]

記事の続きを読む

尿酸値が高いのに痛風の症状が出ないと、とっても危険!!

尿酸値が高いのに痛風の症状が出ていない場合は、痛くないからと安心していると怖いことになりますよ。尿酸値が高いままにしておくと、生命の危機です! 早急に対応しましょう。 痛風の症状 風に吹かれただけでも […]

記事の続きを読む

首の後ろの血管が痛いと感じたら、脳梗塞かも知れない!!

首の後ろがドクドクすることはありませんか? 首の後ろ側の血管が痛いと感じるようであれば、注意が必要です。   決して肩こりだとか勝手に判断しないで、すぐに病院に行って診察(脳神経外科・脳卒中 […]

記事の続きを読む

善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランス(比率)が重要です!

血液検査において善玉コレステロールも悪玉コレステロールも基準値内で正常なのに、実は動脈硬化のリスクが高い状態まで進んだりしてることもあるようです。そんなことがないように、善玉コレステロールと悪玉コレス […]

記事の続きを読む

健康診断のldlコレステロール(悪玉)が高いけど大丈夫?

健康診断の結果で悪玉コレステロール(ldlコレステロール)が高いと言われたことはありませんか? 悪玉コレステロールが高いままでほっておくと、動脈硬化の原因になります。 そして、動脈硬化は、血管が固くも […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

さらさらパンダのプロフィール

体の不調から、血液サラサラを目指し、あれこれサプリメントを試しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善

    ページトップ