MENU

血液サラサラの薬と副作用、そして注意点は?

食生活や生活習慣の見直しだけでは血液がサラサラにならず、結果的に病気を引き起こしてしまう可能性がある場合などは、薬を使用することがあります。

 

ここでは、血液をサラサラにするにはどんなものがあるのか、また、副作用など、どういうことに注意しなければいけないのかについて説明します。

薬 処方

血液をサラサラにする薬とは?

血液をサラサラにする薬は、大きくわけて2種類あります。

◆ その1:抗凝固薬 ◆

血液凝固因子の合成に欠かせないビタミンKの働きを邪魔することによって、血液を固まりにくくする作用があります。

 

代表的な抗凝固薬は、ワーファリン、プラザキサ、イグザレルトなどがあります。

 

◆ その2:抗血小板薬 ◆

血小板の働きを制御する薬です。

 

血小板は、出血したときに血を固める働きをするので、その血小板の働きが強すぎると、血管の中でも血液が固まり始め、血液の粘度が高くなります。

 

代表的な抗血小板薬は、アスピリンです。

 

血液サラサラの薬は、どんな時に使うの?

血管が血栓で詰まる病気(血栓症)である、心筋梗塞、脳梗塞、深部静脈血栓症、肺塞栓症などの予防や治療のために、血液サラサラの薬が使われます。

 

血栓が出来やすくなる病気の血栓症(血栓塞栓症)の種類によって、血液サラサラの薬を使い分けています。

 【 抗凝固薬 】を使う場合
血流の乱れや、血液が正常に流れないで滞った状態になる血栓症・・・人工弁置換術後、心房細動、深部静脈血栓症、肺梗塞など

 

【 抗血小板薬 】を使う場合
動脈で起こる血栓症・・・狭心症、心筋梗塞、脳梗塞など

 

血栓は、どうして出来るのか

通常、健康であれば血液は滞ることなく、正常に全身を流れています。血栓が出来ることもありません。

 

しかし、偏った食生活や乱れた生活習慣などで血液ドロドロになり、血液中に中性脂肪や悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が多くなります。

 

増えた中性脂肪やコレステロールは、血管の内側を傷つけるようになり、傷ついた血管を修復しようとして血小板が血のかたまりを作って傷口を塞ぐように働きます。

 

さらにしっかり固めるために、血液中の凝固因子が繊維状タンパク質のフィブリン(網目状のガッチリした膜)を作り出します。

 

これが、血の塊となって血栓ができるのです。

 

薬 錠剤

薬の副作用と注意点

抗凝固薬 ワーファリン】

副作用

内出血、鼻血、歯ぐきからの出血、傷口からの多量出血、月経過多、血尿、血便など

 

特徴・注意点

ワーファリンは、ビタミンKの働きを抑えることによって血液をサラサラにします。

 

よって、ビタミンKを多く含む納豆、クロレラ、青汁(ケール)、緑黄色野菜などをたくさん摂ると、薬の効果を妨げてしまいます。

 

また、効き過ぎると出血しやすくなるため、定期的な血液検査を行い用量を調整しながら服用する必要があります。

 

抗凝固薬 プラザキサ・イグザレルト】

副作用

消化不良、下痢、上腹部痛、鼻血、吐き気、胸痛、皮下出血、血尿など

 

特徴・注意点
ワーファリンと比べて食物や薬との相互作用は少なく、また頭蓋内出血の発現率を抑制するといわれています。

 

ただし、消化器系の副作用(胃もたれ、むかつきなど)が比較的多く出ますし、腎機能が悪い人は服用できません。

 

また、まだ新しい薬なので、薬代がかなり高価です。

 

サラサラ血

抗血小板薬 アスピリン】

副作用

胃炎や胃潰瘍などの消化性潰瘍、アスピリン喘息の悪化

 

注意点

濃度が高いと逆に血栓を作りやすくなるため、用法・容量は必ず守りましょう。

 

以前は、バファリンを使っていましたが、胃で解けてしまい胃潰瘍を引き起こすため、現在では腸で溶けるバイアスピリンが使われるようになりました。

 

血液サラサラにする薬の副作用まとめ

血液をサラサラにする薬とは、血液を固まりにくくするものですから、出血が止まりにくくなることがあります。

 

薬を服用していて、歯ぐきからの出血や鼻血が止まりにくい、黒い便が続く、大きな痣(あざ)ができやすくなったなどの症状が出たら、すぐに病院で相談しましょう。

 

血液をサラサラにする薬は、血栓症の治療などに効果があると言われる反面、意識障害胃潰瘍頭蓋出血消化管出血といった危険な副作用を伴うことがあります。

 

動脈硬化などの病気になってしまった場合は薬の力を借りるしかありませんが、そうでない場合は、食生活や生活習慣の見直しで改善するよう努力しましょう。

 

血液サラサラになる食べ物

効率良く血液サラサラ食材を摂るには

血液をさらさらにする食べ物(食材)は、黒酢・にんにく・たまねぎ・青魚・納豆・しじみなど色々ありますが、料理にして毎日食べるのには、ニオイや味や調理の面倒臭さで続けることが難しいという方も多いと思います。

 

きちんと毎日摂ることが出来ないと血液サラサラになるのに長い期間かかってしまいます

 

早期に血液サラサラにするにはサプリメントの活用が有効です。

 

血液サラサラにする食材を何種類かあわせて、より効果が高くなるように作られたサプリメントですと、味やニオイを気にすること無く毎日手軽に摂ることが出来ます。

 

サプリメントは、健康補助食品なので、薬(医薬品)と違って副作用の心配がなく安心して飲むことが出来ます。

私が試した中でも、黒酢・にんにく・青魚(DHA・EPA)の3つを配合している血液サラサラにするサプリの『三黒の美酢(さんごくのみず)』は、血液サラサラ効果は一番で、同時にダイエットも出来たというウレシイ結果も付いてきました。

 

実際に使って試してみた体験記をまとめてみました。

arrow_red 私が、実際に試して効果のあった血液サラサラにするサプリメントの詳細は、こちら

 

 

 

 

三黒の美酢 バナー

 

きなり バナー

ヘルケア バナー

同じカテゴリー「サラサラ・ドロドロ血液 Q&A」の一覧

中性脂肪の基準値・数値は、男性・女性の正常値はどこまで? 新基準

高くても低くてもなんとなく心配な中性脂肪値。中性脂肪の基準値はいくらで、どれぐらいの数値なら安心なのでしょうか? 正常値の範囲についてご紹介します。 中性脂肪とは? 何かと悪く言われることの多い『中性 […]

記事の続きを読む

DHA、EPAサプリは、アトピー性皮膚炎にも効果があるんですか?

DHAといえば、「血液がサラサラ」とか「頭が良くなる」として、EPAは「中性脂肪を下げ、生活習慣病を予防」として知られています。 それらとアトピー性皮膚炎は全く関係ないような・・・と思われるかもしれま […]

記事の続きを読む

血液サラサラには水が良いってホント?

水って飲めば良いっていうものではありません。水分には、効果的な摂り方というものがあるのです! あなたは毎日こんなことをしていませんか? ・血液サラサラのため、1日2リットルを目標にミネラルウォーターを […]

記事の続きを読む

血液サラサラかドロドロかどうしたらわかりますか?

血液が、『さらさら』なのか『どろどろ』なのかを検査するには、どうすればよいのでしょうか? また、血液サラサラ度を計るには、どこの場所・病院(医療機関)で料金は、いくらかかるのでしょう? 検査方法は? […]

記事の続きを読む

血圧の上下の差(脈圧)が小さいと危険とは、どういうこと?

血圧の高い方と低い方の差が小さいと、50歳未満では死亡率が高くなるという調査結果があるようです。血圧の上下の差(脈圧)が大きいことが危険だと思っていたのに、小さいのも危険なんでしょうか? 一体どういう […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

さらさらパンダのプロフィール

体の不調から、血液サラサラを目指し、あれこれサプリメントを試しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善

    ページトップ