血液サラサラの本当の意味とは

MENU

血液サラサラの意味がわかると、健康になれる!

血液サラサラとは、健康的に血液がスムーズに流れていくようなイメージがしやすいということで作られた言葉、キャッチコピーなのです。テレビの健康番組の映像的にも、細いすき間をサラサラと通過して流れる血液の状態を表していて、非常にうまく表した表現の言葉だと思います。

血液の働きから考えてもピッタリ

このようにキャッチコピーとして作られた血液サラサラという言葉は、医学的に見るとは正しい表現とは言えないようですが、すごくイメージしやすい言葉だと言えます。

 

血液はカラダの各臓器や細胞に酸素や栄養分を運んで、二酸化炭素や老廃物を回収する働きがあります。なので、血液が全身をくまなく、末端の細い血管にも行き届くためには、サラサラと流れていく必要があります。とってもイメージしやすい言葉だと思いませんか?

反対にドロドロとしていて、流れにくいと必要な酸素や栄養分が全身に行き渡らなくなることは、簡単に想像できます。

 

血液サラサラの医学的根拠は?

血液のサラサラ度は、水分をどれだけ摂るかによっても違ってくるのは当然で、水分をあまり摂らなければ血液の粘度は上昇してしまいます。そもそも、血液サラサラや血液ドロドロにはっきりした医学的根拠は無いようです。

 

しかし、血液ドロドロ状態になるとカラダに負担がかかってくるのは当然で、様々な異常が発生してきます。健康な状態になるためにも、良い状態の血液にする必要があります。その良い状態のことを、血液サラサラと解りやすい言葉としてとらえ、その状態になるように取り組むことは良いことだと思います。

 

血液サラサラかドロドロかはどうやって判断するの?

血液サラサラという単純に状態を示すだけの言葉であれば、貧血状態でも血液はサラサラとしています。そうではなくて、血液検査などに基いて、健康な状態を維持できる血液の状態かを判断する必要があります。一度血液検査の結果を用意して、以下のページでチェックしてみて下さい。

→ 血液サラサラかドロドロかは、血液検査でわかりますか?

 

会社の健康診断の血液検査の結果をきちんと確認していますか?血液の状態が多少悪いて、血液ドロドロ気味であったとしても、すぐに何らかの症状がでない場合が多いので、そのまま放っておいてしまいます。

 

血液ドロドロを続けると、どんな症状や病気になったりすると思いますか。そのまま放っておくと、とっても怖いことになってしまいます。

→ 血液ドロドロになると出てくる症状と危ない病気とは?

 

 

 

三黒の美酢 バナー

 

きなり バナー

ヘルケア バナー

同じカテゴリー「血液サラサラになろう!」の一覧

血液サラサラにする方法(血液ドロドロ改善)あなたは、出来てますか?

ドロドロの血液は、免疫力を低下させたり、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を引き起こす原因となります。いつも血液サラサラでいるためには、どんなことに気をつければよいのでしょうか? 血液サラサラの方法とし […]

記事の続きを読む

中医学でのお血(瘀血)とは? 血液サラサラでお血を改善しよう!

あなたは『お血(瘀血)』という言葉をご存知ですか? 東洋医学や薬膳などに興味がない人には、聞きなれない言葉かもしれません。しかし、東洋医学の世界では、あらゆる病気の原因はこの『お血』にあると考えられて […]

記事の続きを読む

血液サラサラレシピ・メニューを考えるための8つの基本とは?

血液サラサラにする食品・食材を使ったメニュー・レシピ(献立)を考えることが大切です。血液サラサラにする食品・食材の基本である「オ・サ・カ・ナ・ス・キ・ヤ・ネ」を使った料理を考えましょう。一度にたくさん […]

記事の続きを読む

血液ドロドロから血液サラサラになるにはどの程度の期間が必要ですか?

ドロドロ血液のままでは、危険です。血液ドロドロになっても食生活や生活習慣の改善によって、血液サラサラになることは可能ですが、どれくらいの期間がかかるかというのは知っておきたものです。 血液ドロドロの危 […]

記事の続きを読む

血液サラサラにする食べ物・食品(食材)の成分と効果をまとめました!

血液をサラサラにする食べ物・食品(料理に使う食材)とその成分ならびに効果を、一覧にしてみました。血液サラサラになるには、一番は食事による影響が大きいです。普段から血液サラサラの成分をもつ食材を使って調 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

さらさらパンダのプロフィール

体の不調から、血液サラサラを目指し、あれこれサプリメントを試しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善

    ページトップ