MENU

血液サラサラとドロドロは、赤血球の状態で決まる!

血液の主成分である赤血球の状態によって、血液サラサラが血液ドロドロかが決まってきます。赤血球に弾力があって赤血球変形能も十分ある場合は、細い血管も赤血球が変形して通過する血液サラサラ状態ですが、硬くなってしまうと赤血球は変形できずに細い血管に詰まってしまう血液ドロドロ状態になってしまうのです。

ドロドロ血

血液成分で半分近くを占める赤血球

血液ドロドロになってしまうのには様々な理由がありますが、血液成分のうち、約半分が血漿(けっしょう)と言われる液体成分と、残り半分の血球成分のほとんどを占める赤血球が大きく血液の状態に関わっています。

つまり、血液さらさらになるか、血液どろどろになるかを決める大きな要素が、赤血球の状態によるということになります。

 

赤血球は、形を変形させて細い血管内も通過するようになっていますが、高年齢になったり、血液中に中性脂肪やコレステロールが多くなったり、糖尿病のような高血糖の状態や、血中に活性酸素が増えた状態になると赤血球が硬くなって、変形する能力がなくなってきます。

 

赤血球の直径は約8ミクロンなのに対して、毛細血管は平均で3ミクロンしかないので通常であれば、毛細血管の中を通過することは不可能ですが、『赤血球変形能』と呼ばれる能力によって、自在に形を変形することで毛細血管を通過できるのです。赤血球が変形する能力を失うと、血液ドロドロの状態を招いてしまうことがご理解いただけたと思います。

 

赤血球の入れ替わりは120日程度

赤血球の寿命は短くて、長くても約120日であり、細胞が常に新しい状態を維持するために作り替えられています。おかげで常に新しい赤血球を血液中に保つことができるようになっています。

 

しかし、いくら赤血球の入れ替わりが早くても、新しくできた赤血球の変形能が十分でなければ何にもなりません。血液ドロドロは中高年に多く若ければ大丈夫と思われがちですが、生活習慣が悪いと10代からでも血液ドロドロになってしまいます。

 

早期に赤血球の変形能を回復させるように生活習慣を改善したり、血液サラサラになる食材を多く摂ったり、運動不足を解消することで、血液サラサラに改善することも可能です。

 

黒酢には、血液をサラサラにする効果がいっぱい詰まっています。

また、赤血球変形能作用による血液サラサラ効果は、即効性があり、早ければ1~2時間で効果が期待できるようです。

>> 黒酢の血液サラサラ効果を強力にするサプリメントは、こちら

 

 

三黒の美酢 バナー

 

きなり バナー

ヘルケア バナー

同じカテゴリー「血液ドロドロには、気をつけて!」の一覧

舌の裏側の血管で血液ドロドロがわかります!瘀血(おけつ)のチェック

舌の裏の血管が黒いなんてことはありませんか? 舌裏(ベロの裏)の血管の状態で、血液ドロドロかどうかがわかります。   舌の裏側を自分で見るのは大変ですが、鏡を使って確認してみてください。中医 […]

記事の続きを読む

尿酸値が高いのに痛風の症状が出ないと、とっても危険!!

尿酸値が高いのに痛風の症状が出ていない場合は、痛くないからと安心していると怖いことになりますよ。尿酸値が高いままにしておくと、生命の危機です! 早急に対応しましょう。 痛風の症状 風に吹かれただけでも […]

記事の続きを読む

首の後ろの血管が痛いと感じたら、脳梗塞かも知れない!!

首の後ろがドクドクすることはありませんか? 首の後ろ側の血管が痛いと感じるようであれば、注意が必要です。   決して肩こりだとか勝手に判断しないで、すぐに病院に行って診察(脳神経外科・脳卒中 […]

記事の続きを読む

善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランス(比率)が重要です!

血液検査において善玉コレステロールも悪玉コレステロールも基準値内で正常なのに、実は動脈硬化のリスクが高い状態まで進んだりしてることもあるようです。そんなことがないように、善玉コレステロールと悪玉コレス […]

記事の続きを読む

健康診断のldlコレステロール(悪玉)が高いけど大丈夫?

健康診断の結果で悪玉コレステロール(ldlコレステロール)が高いと言われたことはありませんか? 悪玉コレステロールが高いままでほっておくと、動脈硬化の原因になります。 そして、動脈硬化は、血管が固くも […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

さらさらパンダのプロフィール

体の不調から、血液サラサラを目指し、あれこれサプリメントを試しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善

    ページトップ