MENU

寝過ぎは、動脈硬化の原因になるんですか?

寒い朝が続く季節は、あったかい布団から出られなくて、ついつい寝過ぎちゃったという方も多いかと思います。しかし、寝過ぎは身体に良くないということをご存知でしょうか?

睡眠 女性

睡眠時間と死亡率の関係

病気はもちろん、美容やストレス解消のためにも、充分な睡眠をとることは必要です。しかし、睡眠不足と同じように、寝過ぎても身体には悪い影響を与えてしまいます。

 

1980年代、アメリカで100万人以上を対象に行われた「睡眠時間と死亡率の関係」の調査によると、1日に6.5~7.5時間の睡眠をとっている人の死亡率は最も低く、それ以上又はそれ以下の人の死亡率は高くなる傾向にありました。特に睡眠時間が長い人の方が問題で、1日7.5時間以上の睡眠をとっている人の死亡率は、6.5~7.5時間睡眠の人よりも20%も高かったのです。

 

また、別の調査によると、心筋梗塞や脳卒中、糖尿病に限って言えば、睡眠時間が短い人より更に高いリスクが、過剰睡眠の人にはあるとされています。

 

寝過ぎると生活習慣病になる?

最近の調査で、睡眠時間が6時間未満又は8時間以上の人は、ヘモグロビンA1cの値が高いという結果が出ました。このヘモグロビンA1cとは、糖尿病の診断に使われる血液の数値で、6.5以上あれば糖尿病であるとされています。この結果から、睡眠不足や過剰睡眠の人は、糖尿病になるリスクが高いということになります。

 

更に、8時間以上の睡眠は、中性脂肪を増やし、善玉コレステロールを減らしてしまうということも分かっています。これらの報告は、過剰な睡眠をとると、動脈硬化につながる脂質異常症、高血糖、肥満などの生活習慣病になりやすいということを示しています。

 

その他のデメリット

体内時計の乱れ

人間は、基本的に夜暗くなると寝て、朝太陽が昇ると起きるというリズムで、体内時計がセットされています。しかし、寝過ぎることによって体内時計が狂うと、抗酸化作用のあるメラトニンの分泌が乱れます。すると、活性酸素を除去する働きがおろそかになり、身体に様々な悪影響を及ぼします。

 

体調不良の原因

寝過ぎると、脳の血管が広がり過ぎて周りの神経を刺激し、頭痛を引き起こすことがあります。また、長時間水分を摂らないので、それによる脱水症状も起こしやすくなります。

 

更には、必要なだけの睡眠をとった後は、眠りの浅い状態となります。この状態では脳は休息できていないために疲れが残り、結果、集中力が散漫になったり、だるさを感じたりすることがあります。

 

自律神経が不安定になる

眠りが浅いと、自律神経が不安定になりがちです。自律神経はホルモンの分泌にも深く関わっているので、生理不順など、女性の身体に悪影響を及ぼします。

 

血流が悪くなる

長時間一定の姿勢で寝ていると、血行不良を引き起こします。血行不良は、冷え性や肩こりなどの原因にもなります。

 

脳の老化が早まる

寝過ぎる人は、アルツハイマーにかかる危険が増加するという報告があります。睡眠をとり過ぎると、起きている時間が少なくなるので、脳の活動時間も減少します。それによって、脳が衰えやすくなり、老化が早まる原因となってしまうのです。

 

理想的な睡眠の取り方とは?

理想的な睡眠時間は、7時間程度と言われています。睡眠時間には個人差がありますが、理想は午後10時~12時までには眠りに就き、午前2時までの『睡眠のゴールデンタイム』にはぐっすり眠っていたいものです。このゴールデンタイムに熟睡できると、成長ホルモンが正常に分泌され、老化防止にも繋がります。また、その時間に質のいい睡眠を取ることができれば、脳の疲労回復においても大きな差が出てきます。

 

しかし、日中どうしても眠気が我慢できないこともあります。そんな時には、積極的に仮眠をとりましょう。午前中から午後3時までの間の仮眠は、睡眠不足の解消に役立ちます。イスに座った状態で、10~30分眠ると、眠気が減って覚醒度が高まります。

 

眠る前にすること

まず、眠りやすい環境を整えましょう。室温は冬なら15~20℃、湿度は50~60%が最適です。部屋はなるべく暗くしますが、不安な人は豆電球をつけましょう。

布団に入ったら、翌朝起きる時間を強く意識します。これは『自己覚醒法』といい、深層心理に働きかけることで、予定時刻に目覚めやすくなります。

 

起きてからすること

朝は日の光を浴びて、しっかり目覚めるようにしましょう。毎日同じ時刻に起床することで、体内時計のリズムを壊さないようにすることが大切です。

 

また、長く眠った後は身体が軽い脱水症状にあるため、起きるのがより辛い場合があります。水をコップ一杯飲むことで、身体が楽になります。

 

寝過ぎている人や寝だめをする人は

寝過ぎていると思われる方、休みの日にはどうしても寝だめをしてしまうという方などは、血液ドロドロにしてしまっている可能性があります。

 

血液ドロドロになると動脈硬化につながる脂質異常症、高血糖、肥満などの生活習慣病になりやすくなるので、まずは今、自分がどうなのかを知るために、血液検査をするか、会社の健康診断の血液検査の結果を確認してみてください。

→ 血液検査で血液サラサラかドロドロかの判断にの仕方は、こちらを参照ください。

 

血液検査の結果が血液ドロドロに近い状態であるなら、次は、血管年齢を検査して、自分の血液ドロドロの程度を知り、動脈硬化を予防しましょう。

→ 血管年齢検査って?料金は、場所は?の詳細は、こちらを参照ください。

 

とにかく血液サラサラになるように対策したいとお考えの方は、食べる物によって血液サラサラに改善することが可能です。

 

血液サラサラにする食べ物(食材)と言えば、黒酢・にんにく・たまねぎ・青魚・納豆・しじみなど色々ありますが、毎日食べるのには、ニオイや味、調理の面倒臭さで続けることが難しいという方も多いと思います。

 

血液をサラサラにする食材を何種類かあわせて、より効果が高くなるように作られたサプリメントだと、味やニオイを気にすること無く毎日手軽に摂ることが出来ます。

arrow_red 毎日、手軽に飲みやすくて血液サラサラにするサプリは、こちら

 

毎日の睡眠時間として理想的な7時間を守れば、病気のリスクは減少し、既に抱えている健康問題も症状が緩和されるケースも多いそうです。健康的な生活とは、食事や運動に限られたことではなく、どれだけ良質な睡眠をとれているかも同じくらい大切です。

 

 

三黒の美酢 バナー

 

きなり バナー

ヘルケア バナー

同じカテゴリー「血液ドロドロには、気をつけて!」の一覧

舌の裏側の血管で血液ドロドロがわかります!瘀血(おけつ)のチェック

舌の裏の血管が黒いなんてことはありませんか? 舌裏(ベロの裏)の血管の状態で、血液ドロドロかどうかがわかります。   舌の裏側を自分で見るのは大変ですが、鏡を使って確認してみてください。中医 […]

記事の続きを読む

尿酸値が高いのに痛風の症状が出ないと、とっても危険!!

尿酸値が高いのに痛風の症状が出ていない場合は、痛くないからと安心していると怖いことになりますよ。尿酸値が高いままにしておくと、生命の危機です! 早急に対応しましょう。 痛風の症状 風に吹かれただけでも […]

記事の続きを読む

首の後ろの血管が痛いと感じたら、脳梗塞かも知れない!!

首の後ろがドクドクすることはありませんか? 首の後ろ側の血管が痛いと感じるようであれば、注意が必要です。   決して肩こりだとか勝手に判断しないで、すぐに病院に行って診察(脳神経外科・脳卒中 […]

記事の続きを読む

善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランス(比率)が重要です!

血液検査において善玉コレステロールも悪玉コレステロールも基準値内で正常なのに、実は動脈硬化のリスクが高い状態まで進んだりしてることもあるようです。そんなことがないように、善玉コレステロールと悪玉コレス […]

記事の続きを読む

健康診断のldlコレステロール(悪玉)が高いけど大丈夫?

健康診断の結果で悪玉コレステロール(ldlコレステロール)が高いと言われたことはありませんか? 悪玉コレステロールが高いままでほっておくと、動脈硬化の原因になります。 そして、動脈硬化は、血管が固くも […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

さらさらパンダのプロフィール

体の不調から、血液サラサラを目指し、あれこれサプリメントを試しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善

    ページトップ