MENU

中性脂肪と体脂肪とは、どう違うの?

中性脂肪体脂肪、同じカラダの中の脂肪のことを指すと思うのですが、一体どのように違うんでしょうか?

体脂肪計

 

●中性脂肪と体脂肪の関係

中性脂肪は血液中の脂肪のことを言います。
血液中の脂肪がいっぱいになってくると、余分なものはカラダの内臓や皮膚の下に脂肪としてためていくようになります。
これが、体脂肪と呼ばれるものです。

 

いざという時のために、内蔵や皮膚の下に溜めるのですが、その『いざという時』が来ないと、デブってくるだけです。

 

食事によって摂取される脂肪のほとんどは、中性脂肪です。体を動かすためのエネルギーとして使われます。

 

●ためた脂肪を効率良く燃焼するには

カラダにたまってきた脂肪は、運動しないことには落ちません。

脂肪を消費するには、有酸素運動が効果的ですが、ちょっとしたポイントなんですが、有酸素運動をする前に、軽い筋肉トレーニングをしてから有酸素運動をすることで、より効果を期待できますよ。

 

筋肉トレーニングで内蔵脂肪や皮下脂肪を分解して、先に血液中の脂肪分として、すぐにエネルギーとして使える状態にしておいてから、有酸素運動によって消費していくことで、効率的に脂肪を燃焼することができるのです。

 

●中性脂肪が高ければ、体脂肪も高い?

基本的に中性脂肪が高いと、体脂肪も高いことが多いのですが、必ずしもそうであるとは限りません。

それは、これから脂肪がついて肥満になっていくという状態では、血液中の脂肪である中性脂肪は数値的に高いのですが、内蔵脂肪や皮下脂肪は、この後ゆくゆく脂肪がついていく状態ですので、まだ、体脂肪としては、低いというケースとなります。

 

しかし、いずれは、中性脂肪も体脂肪もどちらも高い状態になる場合が、ほとんどですね。私もそうですが、太りだしたらとまらないですからね。

 

●カラダの脂肪は、血液ドロドロが原因

中性脂肪が増えるのも体脂肪が増えるのも、血液どろどろが元となっているのです。
血液サラサラにすることで、ゆくゆくは結果的に中性脂肪も体脂肪も減っていくことになります。

 

中性脂肪は、体内のエネルギー源として必要なものですが、消費する以上に摂取してしまうと、血液中に過剰になって、血液ドロドロの状態になり、内蔵脂肪、皮下脂肪としてため込むことになるので注意しましょう。

 

血液さらさらになる食事を中心にして、適度な運動を心がければ、短期間で効果を出すことも可能ですよ。

 

 

合わせて読みたい記事

① 血液サラサラになる食べ物でドロドロを解消!

② 血液サラサラになるために有酸素運動をしよう!

③ 血液サラサラになるために、脂質を変えて体質改善!

④ 中性脂肪とコレステロールは、何が違うの?

 

タイプ別の血液サラサラのサプリメント

 

 

三黒の美酢 タイプ1

疲労回復もダイエットも出来るサプリ

 

 

きなり タイプ2

魚ぎらいでも青魚がとれるサプリ

 

 

ナットウキナーゼ タイプ3

固まりを溶かす力&サラサラ成分サプリ

 

 

しじみにんにく タイプ4

肝臓を助け肝機能をアップするサプリ

 

 

三黒の美酢 バナー

 

きなり バナー

ヘルケア バナー

同じカテゴリー「サラサラ・ドロドロ血液 Q&A」の一覧

中性脂肪の基準値・数値は、男性・女性の正常値はどこまで? 新基準

高くても低くてもなんとなく心配な中性脂肪値。中性脂肪の基準値はいくらで、どれぐらいの数値なら安心なのでしょうか? 正常値の範囲についてご紹介します。 中性脂肪とは? 何かと悪く言われることの多い『中性 […]

記事の続きを読む

DHA、EPAサプリは、アトピー性皮膚炎にも効果があるんですか?

DHAといえば、「血液がサラサラ」とか「頭が良くなる」として、EPAは「中性脂肪を下げ、生活習慣病を予防」として知られています。 それらとアトピー性皮膚炎は全く関係ないような・・・と思われるかもしれま […]

記事の続きを読む

血液サラサラには水が良いってホント?

水って飲めば良いっていうものではありません。水分には、効果的な摂り方というものがあるのです! あなたは毎日こんなことをしていませんか? ・血液サラサラのため、1日2リットルを目標にミネラルウォーターを […]

記事の続きを読む

血液サラサラかドロドロかどうしたらわかりますか?

血液が、『さらさら』なのか『どろどろ』なのかを検査するには、どうすればよいのでしょうか? また、血液サラサラ度を計るには、どこの場所・病院(医療機関)で料金は、いくらかかるのでしょう? 検査方法は? […]

記事の続きを読む

血圧の上下の差(脈圧)が小さいと危険とは、どういうこと?

血圧の高い方と低い方の差が小さいと、50歳未満では死亡率が高くなるという調査結果があるようです。血圧の上下の差(脈圧)が大きいことが危険だと思っていたのに、小さいのも危険なんでしょうか? 一体どういう […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

さらさらパンダのプロフィール

体の不調から、血液サラサラを目指し、あれこれサプリメントを試しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善

    ページトップ