血液が濃いとは血液ドロドロ?

MENU
血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善 TOP  >  サラサラ・ドロドロ血液 Q&A  >  血液が濃いと言われましたが、血液ドロドロなの?血が濃くなるのはOK?

血液が濃いと言われましたが、血液ドロドロなの?血が濃くなるのはOK?

血液が濃い場合は、これで血液サラサラに!

 ↓ ↓ クリック

健康診断や献血で、「血液が濃いですね」と言われたことはありませんか?

 

「血液が濃い」と言われると褒め言葉のように聞こえてしまいますが、実はそうではありません。

検査スリット 血液ドロドロ

血液ドロドロとは?

血液ドロドロ」とは、血液の流れが悪くなっている状態のことを言います。

 

脂質、たんぱく質、糖質を摂り過ぎると、消化しきれず、血液中に「中性脂肪」や「コレステロール」が多くなります。

 

これによって血液は粘り気を持ち、固まって流れにくくなります。

 

また血管内の壁に付着して血管を細くし、血液の流れを阻害します。これがひどくなると血栓となって血管をふさいでしまい動脈硬化の原因となってしまうのです。

 

血液が濃いとは?

では、「血液が濃い」とはどういう事かと言うと、赤血球の数が多いということです。

 

赤血球の数が多く、赤血球の中のヘモグロビン濃度が高い人の血液ほど濃くなり、逆に赤血球の数が少なくヘモグロビン濃度の低い人の血液ほど薄いということになります。

 

この赤血球は全身に酸素を運ぶという大切な役割があるため、不足すると貧血になりますが、増えすぎても「多血症」という病気になります。

 

この「多血症」とは、血液中の赤血球が増えすぎた状態のことを言います。

 

赤血球が増えすぎると、血液の粘り気が増し(= いわゆる『ドロドロ血液』)、血管が詰まりやすくなることで動脈硬化や血栓などを起こしやすくなります。

→ 多血症について、詳細に知りたい人は、こちらを参考にしてください。

 

赤血球を減らすための治療法

体の中に過剰になっている赤血球は、食事療法によって減らすことはできません。

 

多血症の程度、種類によって、瀉血、放射線療法、化学療法などを行い、体内の赤血球量を強制的に減少させるしかないのです。

 

赤血球は多いものとして、ドロドロの血液でも血栓を作らないようにすることが大切です。

 

その1:水分補給をしっかりと】

血液中の水分が不足すると血流は悪くなり、結局、血液はドロドロし、流れにくくなります。

 

運動やお風呂で汗をかいたら、すぐに水分補給をするようにしましょう。

 

その2:有酸素運動をしよう】

有酸素運動をすることで、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やすことができます。
→ 血液サラサラになるために有酸素運動をしよう!

 

その3:タバコをやめる】

タバコを吸うと酸欠状態になるため、酸素を運搬する赤血球が増えます。

 

これ以上、悪化させないためにも、是非、禁煙しましょう。
→ タバコを吸うと、血液ドロドロになるんですよ!

 

その4:バランスのとれた食事】

多くの生活習慣病への対応と同じく、ドロドロ血液を改善する食事を摂りましょう。

 

悪玉コレステロールや中性脂肪の摂取量を減らし、逆に善玉コレステロールを増やすような食品を選ぶことが大切です。

また、基本的にはバランスのとれた食事をとることが一番です。

 

極端に肉や脂を避ける必要はありませんので、あくまでバランスの良い健康的な食事を心がけましょう。
→ 血液サラサラになる食べ物でドロドロを解消!血流を改善して健康体に

 

その他、規則正しく十分な睡眠を取ること、ストレスを溜め込まないことなども大切です。

 

多血症は、造血細胞が血液にある以上、起こり続ける症状ですので、これらの見直しを行ったからといって、病気が完治するわけではありません。

 

病院での治療と組み合わせて、あくまでもセルフケアとして毎日の生活に取り入れてみてください。

 

効率良く血液サラサラ食材を摂るには

血液をサラサラにする食べ物(食材)は、黒酢・にんにく・たまねぎ・青魚・納豆・しじみなど色々ありますが、料理にして毎日食べるのには、ニオイや味や調理の面倒臭さで続けることが難しいという方も多いと思います。

 

血液サラサラにする食材を何種類かあわせて、より効果が高くなるように作られたサプリメントですと、味やニオイを気にすること無く毎日手軽に摂ることが出来ます。

 

私が試した中でも、黒酢・にんにく・青魚(DHA・EPA)の3つを配合している血液サラサラにするサプリの『三黒の美酢(さんごくのみず)』は、血液サラサラ効果は一番で、同時にダイエットも出来たというウレシイ結果も付いてきました。

arrow_red 私が、実際に試して効果のあった血液サラサラにするサプリメントの詳細は、こちら

 

 

タイプ別の血液サラサラのサプリメント

三黒の美酢 タイプ1

疲労回復もダイエットも出来るサプリ

きなり タイプ2

魚ぎらいでも青魚がとれるサプリ

酵素黒酢革命 タイプ3

酵素パワーで毎日キレイ生活

しじみにんにく タイプ4

肝臓を助け肝機能をアップするサプリ

 

 

 

 

三黒の美酢 バナー

 

きなり バナー

ヘルケア バナー

同じカテゴリー「サラサラ・ドロドロ血液 Q&A」の一覧

中性脂肪の基準値・数値は、男性・女性の正常値はどこまで? 新基準

高くても低くてもなんとなく心配な中性脂肪値。中性脂肪の基準値はいくらで、どれぐらいの数値なら安心なのでしょうか? 正常値の範囲についてご紹介します。 中性脂肪とは? 何かと悪く言われることの多い『中性 […]

記事の続きを読む

DHA、EPAサプリは、アトピー性皮膚炎にも効果があるんですか?

DHAといえば、「血液がサラサラ」とか「頭が良くなる」として、EPAは「中性脂肪を下げ、生活習慣病を予防」として知られています。 それらとアトピー性皮膚炎は全く関係ないような・・・と思われるかもしれま […]

記事の続きを読む

血液サラサラには水が良いってホント?

水って飲めば良いっていうものではありません。水分には、効果的な摂り方というものがあるのです! あなたは毎日こんなことをしていませんか? ・血液サラサラのため、1日2リットルを目標にミネラルウォーターを […]

記事の続きを読む

血液サラサラかドロドロかどうしたらわかりますか?

血液が、『さらさら』なのか『どろどろ』なのかを検査するには、どうすればよいのでしょうか? また、血液サラサラ度を計るには、どこの場所・病院(医療機関)で料金は、いくらかかるのでしょう? 検査方法は? […]

記事の続きを読む

血圧の上下の差(脈圧)が小さいと危険とは、どういうこと?

血圧の高い方と低い方の差が小さいと、50歳未満では死亡率が高くなるという調査結果があるようです。血圧の上下の差(脈圧)が大きいことが危険だと思っていたのに、小さいのも危険なんでしょうか? 一体どういう […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

さらさらパンダのプロフィール

体の不調から、血液サラサラを目指し、あれこれサプリメントを試しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2018 血液ドロドロは危険!血液サラサラ成分を含むサプリメントで改善

    ページトップ